浦安三田会・令和元年10月度講演会 『AI時代の生き方と慶應義塾の果たす役割』

浦安三田会・令和元年10月度講演会 『AI時代の生き方と慶應義塾の果たす役割』

仲夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は三田会活動へのご協力賜り、厚く御礼申し上げます。

 総会から早3ヶ月が経過し、その後、慶早戦観戦、各種分科会イベントがございました。参加くださいました皆様、ありがとうございました。8月にはサマーガーデンバーベキューも実施されます。

さて、少し先にはなりますが10月度講演会は、慶應義塾学事顧問で日本学術振興会顧問(前理事長)である安西祐一郎様に「AI時代の生き方と慶應義塾の果たす役割」と題して、下記の通りご講演頂くことになりました。

大変恐縮ですが、準備の関係で8月20日までに参加可否を以下リンクからの返信または電話のいずれかの方法でお知らせください。

申込はこちら

 電話:050-5885-3445(留守電)

卒年・学部・お名前・参加可否をお伝えください。

                   記

日時 令和元年10月9日(水)

ご講演(質疑応答を含む) 18時00分~19時00分

懇親会          19時00分~21時00分

場所 浦安ブライトンホテル・フィースト

会費 8,000円

講師 慶應義塾学事顧問

   日本学術振興会顧問(前理事長)

   学術情報分析センター所長

     安西祐一郎 様

プロフィール】

1974 年慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程修了。カーネギーメロン大学客員助教授、北海道大学文学部助教授等を経て 1988 年慶應義塾大学理工学部教授。2001-09 年慶應義塾長。2011-2018 年独立行政法人日本学術振興会理事長。2018 年 4 月より現職。内閣府人工知能戦略実行会議座長。内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「ビッグデータ・AI を活用したサイバー空間基盤技術」および、同官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)「革新的サイバー空間基盤技術」領域統括。中央教育審議会会長、環太平洋大学協会会長等歴任。認知科学・情報科学専攻、Learning by Doing および Human-Robot Interaction の先駆的研究で知られる。『心と脳』(岩波新書)、『講座コミュニケーションの認知科学』(全5巻、岩波書店)、『問題解決の心理学』(中公新書)など著編書多数。 文化功 労者、紫綬褒章他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください